System developmentシステム開発

開発の流れ

ENCOMでは以下の流れでシステム開発を行っています。

01

要件聞き取り(要件定義)

問題点、改善点をじっくりとお聞きして最適な仕組みをご提案します。
大事な工程ですので、想定より時間がかかると思っていただければと思います。

02

仕様検討

要件に基づき仕様をお客様と共に決定していくことになります。
お客様のご協力なければ良いものは生まれないと信じておりますので、共に問題解決のため力を合わせていきましょう。

03

デザイン

実際に使う上で使いやすさが顕著に出る部分ですので共に検討させていただきます。
お客様の環境を考慮したデザインを心がけております。(例えば、ご利用のモニターサイズなども考慮が必要だと考えております。)

04

設計

仕様、デザインに基づき設計を行うフェーズとなります。
何度か途中経過で擦り合わせをさせていただきます。

05

実装

仕様に基づき構築していくフェーズとなります。

06

テスト

仕様通りの機能になっているかをテストするフェーズとなります。
内容にもよりますが、お客様にも検証いただくこともございます。
※実データに近い検証をする場合にはお客様のご協力は必須だと考えておりますので、どうぞ、宜しくお願いいたします。

07

お客様確認

テスト完了後にテスト環境にて実際に操作していただきまして検証をご依頼いたします。

08

お客様フィードバック対応

(内容によっては設計から繰り返すアジャイル開発を得意としています。)

09

リリース

本番環境にリリースするフェーズになります。
※お客様の立ち合いのもとで実施する場合が多いところですので、ご協力をお願いする場合がございます。

開発スキル

ENCOMでは以下の技術を用いて、お客様にとって最適なシステムを構築していきます。